借りたお金はやむをえない時に - クレジットカードでお金を借りる

借りたお金はやむをえない時に

 

お金を借りるとするのならば冠婚葬祭や子どもの進学や修学旅行などの大きな行事の時だけにしたいものです。

 

自分の趣味や生活を豊かにするのには、借り手までしたくないというのが本音です。
自分のためにするのならばそのために積み立てたり他の部分を我慢してお金を使いますが、やむをえないイベントの時はお金を借りてでも参加したいからです。

 

上記にある修学旅行は積み立てで頑張りたいですがかかる費用は大きいですし、直前で増額ということもあります。
行き先によっては保険をかけなければなりませんし、ある程度のキャッシングなどは仕方ありません。

 

冠婚葬祭も予想外のものですし、ある程度は貯金しておきますが続くこともあります。
遠征することも考えられるので、この場合は借金やキャッシングもありかなぁと感じます。

 

お金を借りるとしても親族や有人から借りたくはありません。
借りても後腐れもなく返済も便利な金融機関やキャッシング機関から借りるでしょう。

 

また、例外ですが家の購入にもローンを組んだりしてお金を借りることになると思います。
一気に大金を動かすのには勇気が要りますし、そもそも一括購入できるまでの貯金期間が長くなってしまうからです。
ローンを組んで利子と共に返済してでも家は購入する価値はあると思います。

 

お金はきちんと自分の代で返しきれる額であることもお金を借りる上で非常に重要だと思います。
返済するにはどのくらいに時間がかかるか、1ヶ月の返済額を考えると気安く借りれないのが現状です。